経済を知る・わかる・がんばれる
知らないって損なんです。 だけど、新しい自分とも出会えます。
NEWS

目標設定・目標達成に最適!方法を徹底解剖

こんにちは。

突然ですが、あなたは何かをやるときに、「目標を立てろ」「目標をもて」と言われたことはありませんか?

それだけ目標を立てるということは重要なことなんです。

普段から目標を立てる癖がなければ、

”意味あるのかなぁ”
”目標なんて立てたところでなぁ。”

そう思ってしまう人もきっと少なくないでしょう。

ただ、前述したように目標を持つことは本当に重要なんです。

目標があるかないかで、活動方法も大きく変わってきます。

小さなことでも、行動をするときは目標を持って取り組んだ方が効果的です。

今回は、目標設定の必要性とその方法を紹介します。

いくつか方法を紹介するので、自分に合ったものを選んでみてください。

それではどうぞ。

なぜ目標設定したほうがいいのか

そもそもなぜ、目標設定をしろと言われるのか。

目標を立てることで、自分の行動が明確になり、どれだけの進捗なのかがわかります。

また、誰かがあなたの成績や功績を判断する時に、目標に対してどれくらいの成果が出ているのか、どれくらいの進捗にいるのかも伝えやすくなります。

さらに、この成果を元に改善点はどこなのか検証にも利用することができるんです。

当然目標が有るのと無いのとでは、行動にも大きな違いが生まれます。

例えば、

  • 時間の使い方の違い
  • 目的意識の違い

です。

目標がある人の行動には、全てに意味が生まれます。

この目標を達成するために、どんな行動をするべきなのか。
何をするべきなのか。

このように考えて行動をとるようになり、効果的な活動ができるので意味のある時間を過ごすことができます。

しかし、何も目指す指標がない人は自分が何をするべきかわからずその行動に意味がありません。

特に何もなく過ごしている場合、そんな無駄な時間はありません。

また、目標が無い人は目的意識が無いので言われたこと、支持されたことしかやらないことが多くなります。

そうなると、ただやっているだけで作業をこなすようになってしまいます。

自分で考え行動するのか、誰かにやらされた作業を行うのかでは大きな差が生まれてしまうのは明確でしょう。

どんなに小さな目標でも構いません。

小さな目標で構わないので、目標を持って取り組むようにしましょう。

ここで1つ勘違いして欲しくないのは、目標はあくまで目標であり「夢」ではないということです。

夢と目標の違いは、達成する手段や、方法、手順が明確にあるかどうかです。

ほとんどの場合、夢は手段や方法が不明確です。

しかし、目標の場合は手段、方法が明確になっていることが多いです。

ここの判断基準は難しいですが、区別できるようにしましょう。

目標設定を行うメリット

何回も言うようですが、目標設定をすることで様々なメリットがあります。

  • モチベーションに繋がる
  • 生産性が上がる
  • 結果を可視化できる

例えばあなたがマラソンをするとしましょう。

ゴールが決まっておらず、走り出したとします。

どれくらい走ったのかも、あとどれくらい走ればいいかもわかりません。

そもそもゴールがわからない中で全力で走ることができますか?

42.195㎞というゴールが決まっているからマラソン選手は、モチベーションに繋がるのです。

距離が決まっているからこそ、自分がどれくらい走っているのか、あとどれくらい走ればいいのか、どれくらいのペースで走ればいいのかがわかります。

一方距離が決まっていないと、ダラダラ走ったり、なんなら歩いてしまうかもしれません。

なので、何かに取り組む時には目標(ゴール)を立てた方が効果的なんです。

目標設定の方法を紹介

ここまで色々と紹介してきましたが、ただ目標を立てればイイというものではありません。

例えば、あなたが会社員だったとします。

そして、目標を「売上を作る」と設定したとします。

これだけだと全く意味がないことがわかりますか?

  • 売上っていくら?
  • どうやって?
  • いつまでに?

このような疑問が浮かんできませんか?

目標とは、ただ立てるだけでは意味がありません。

そこで、より明確で効率的に目標設定ができる方法と、目標達成に活用できる方法をいくつか紹介します。

SMARTの法則

  • Specific/具体的
  • Measurable/測定可能
  • Achievable/達成可能
  • Relevant/関連性がある
  • Time-specific/期限が明確

まず1つ目に紹介するのは、「SMARTの法則」です。

これは1981年にジョージ・ドラン氏によって提唱されたものです。

SMARTの法則はとても有名な方法で、何か目標を立てる時にこれを利用すれば、より具体的に目標を立てることができます。

抽象的な目標だと達成することが難しいですが、数値化された具体的な目標であれば実現しやすくなります。

もしまだ、具体的な目標を持つことができていないのであれば、非常におすすめな方法です。

マンダラート

マンダラートは、中心に設定したキーワードやアイディアを周辺のマスに広げていく手法です。

主にアイディアを出すときに使われることが多いです。

中心のマスにメインの目標を書き出し、その周りに関連するワードを書き出していくのです。

このマス目を増やし書き出せば、より細かく自分のやるべきことが明確になります。

ロードマップ

ロードマップとは、掲げた目標に対してそこに到達するまでの中間目標を設定することで、目標達成までの道筋を考えるものです。

この方法は、事業レベルから個人まで幅広く利用できる方法になります。

KGI、KPIと似ています。

ベンチマーク法

ベンチマーク法とは目標を立てるのに、ライバルをベンチマーク(水準)に設定する方法です。

自分一人だと、目標を立てることができない、なかなか上手く目標ができない。そんな時に、ライバルを目標にしてしまいます。

ベンチマークにしやすいライバルが身近にいたり、ライバルを設定した方が燃えるという人に適した目標の立て方です。

タイムマシン法

多くの人が使っているのがこの「タイムマシン法」でしょう。

自分が目指す目標を設定し、そこから逆算して課題を考える手法です。

未来を起点として、今の自分は目標に対してプラス進捗なのか、マイナス進捗などを逆算して活用できるシンプルな手法です。

PDCA

  • P=plan/計画
  • D=do/実行
  • C=check/評価
  • A=action/改善

PDCAとは計画、実行、評価、改善の4つから構成されます。

このPDCAの考え方を知らない人はおそらくいないのではないでしょうか。

それくらい有名な手法です。

目標設定時はもちろん、その目標を達成していくまでで必須の考え方になります。

何事も基本的にこのPDCAが大事にされています。

細かいことでもPDCAを意識して、目標達成に向かい活動をできるようにしましょう。

誰かと決める

なんだそれ。と思う方もいるかもしれませんが、僕が一番おすすめするのはこの方法です。

目標は個人で決めてもいいし、誰かと決めても全く問題ありません。

そして、誰かと決めるという方法は実は効率がいいんです。

第三者の客観的な意見がもらえるので、無謀な目標を立て無くなります。

自身である程度目標を決めて、誰かに確認してもらい修正をする。

本当に適した目標なのか。そこまでのアプローチは適しているのか。

相談することで、一人では考えつかなったような意見やアドバイスがもらえる可能性があります。

ぜひ自分の目標を決める、固めるという意味でも誰かに確認作業をしてもらってみてはいかがでしょうか。

そして、決めるだけではなく進捗がどうなのか。何に詰まってしまっているのかを相談することで、より効率的になるでしょう。

ぜひ、MTなどを有効活用してみてください。

まとめ

いかかでしたか?

今回は目標設定の方法について紹介しました。

ビジネスにしても、何をするにしても目標を立てることは重要です。

小さな目標でもいいので、何かアクションを起こす際は目標を持つべきでしょう。

また何かに詰まった時は、「誰かに相談をしてみる」ことをお勧めします。

IXIOの場合は、MTが設けられています。

ぜひ有効活用してみてください。