ixiomagazine

一瞬を一生に。

© ixiomagazine All rights reserved.

201911/11

【10%へ】経済に大きな影響を与える消費税増税、その時相場と私たちの行動はどうなる?

2019年10月1日に、日本では消費税増税が施行されました。

「10%になった。どうしよう」と考えていた人、「え、そうだっけ?」と思っていた人。いろんな人がいると思います。

あなたの周りではどのような影響があったでしょうか。また、あなたはどのような行動をとったでしょうか。今後は増税はあるのでしょうか。

今回は、増税時の消費者行動と、増税時日本の相場にはどのような影響があるのかを紹介したいと思います。

消費税増税に関しては、日本の経済を考える上で重要なことになっています。
ぜひ読んでみてください。

消費税増税の歴史

5%から8%の増税は記憶に新しいと思います。

では、これまではどのような増税があったのでしょうか。

1989年4月 0%→3%
1997年4月 3.0%→5.0%
2014年4月 5.0%→8.0%
2019年10月 8.0%→10.0%

初めて消費税が導入されたのは1989年になります。

2019年11月までに4回の増税が行われました。

なぜ消費税が導入されたのか

そもそもなぜ増税は行われるのでしょうか。

一番の理由は少子高齢化問題でしょう。

現役世代(若い人)の減少と高齢者の増加という問題が日本では騒がれています。

現役世代の減少は、税金や社会保険料などの国の収入を減らし社会保障費を増大させていきます。
この増え続ける社会保障費の財源確保のために消費税増税を行うわけです。

所得税や法人税その他の税率の引き上げでもいいのではないのか?そう思う人もいるかもしれませんが、結局のところ現役世代の負担が大きくなるのは変わらないので、国民全体で負担をできる消費税の増税が相応しいとされました。

また所得税や法人税は景気等に大きく左右される部分がありますが、消費税は景気に左右されにくいという側面があります。

他国の消費税事情

やはり10%ともなると高いなぁと感じる人が多いかもしれません。

世界の消費税と比較をしてみましょう。


引用元:国税庁

実は、日本の10%は世界で見ると大きな税率ではないんです。

ヨーロッパの国々と比べると、まだまだ日本の税率はそこまで高くないことがわかります。

なぜ海外はこれほど税金が高いのか。

海外は税金のやりくりがうまく、国民に対してそれだけの還元を行なっています。

高い消費税を課しているデンマークやスウェーデンは相続税がなかったり、高速道路が無料だったり、教育費が無料だったり、手術や治療費が無料にしていたり国民に還元できるような仕組みになっています。

その結果、高い税率だとしても国民幸福度も上位に来るわけです。

一方日本では税金を収めるはいいものの、国民に対しても還元率はせいぜい40%程度だと言われています。
なぜ日本は海外に比らべ還元率が低いのか。大きな理由の一つに、国民の政治への関心がとても弱いということが言えるでしょう。

投資を行う上でもそうですが、現役世代の人間が今よりも政治へ関心を持つ必要があります。

増税時の消費者行動

増税時に消費者はどのような行動をとるのでしょうか。

行動パターンを理解できるようになると、投資をする上では役立ちます。

過去のデータを元に紹介をしたいと思います。


引用元:catalina-jp.com

これは2014年増税時の小売店舗の売上げグラフになります。

増税前3週頃から大きな動きを見せており、前年度に比べ+23という結果になっています。

増税前に大きな駆け込みがあり売り上げが一気に伸びているのがわかります。

しかし、増税直後は大きな反発という形で売り上げは大きく落ち込んでいます。
前年売り上げまで回復をするのに約8週間程必要としました。。

このようなデータもありました。

生活必需品全体による主婦の購買金額の変動データです。


引用元:intage.co.jp

1997年、2014年どちらとも3週間前ほどがピークになり、そのあとは大きな反発が見て取れます。

やはり、多くの人の心理として増税前に買い溜めを行う人が多いという傾向がみて取れました。

皆さんは増税前にどのような行動をとったでしょうか。

これまでのデータを元に考察をすると、増税前に大きな消費行動があり増税後には消費行動が一気に落ち込むということがわかりますね。

増税すると相場はどうなる?

増税があると、日本の相場はどのような影響があるのでしょうか。

相場の多くは為替で判断の影響を受けることが多いので、今回は為替レートで紹介したいと思います。

1989年の為替レート


引用元:為替ラボ

当時の日本はバブル経済ということもあり増税の4月にも大きな影響を受けた印象はなく、全体的に上昇(円安)傾向ですが増税後から大きな上昇つまり、円安を見せています。

1997年の為替レート


引用元:為替ラボ

1997年の増税時は、これまでのバブル経済が崩壊し不景気と呼ばれる時代背景があり、そのタイミングでの増税は為替に影響を与え増税後は急激な円高になりましたが、その後回復を迎えています。

結果的には、年間を通してみると円安ということになりました。

2014年の為替レート


引用元:為替ラボ

2014年の増税時はこれまでと比べ、増税前、増税後の動きは乏しいですが、1年という括りで見ると大きな円安という状態を迎えています。

つまり、円安になりやすい傾向があるのです。

なぜ円安になりやすいのか

消費税が増税されると、物価が上昇します。

物価が上昇するということは、通貨の価値が下がります。ある商品を今まで108円で購入できたものが、110円必要になるので、価値が下がっています。

通貨の価値が下がることで対ドルでの円の価値が下がります。つまり円安になるということです。

一連の流れで説明すると、

物価上昇」→「通貨の価値が下がる」→「対ドルでの円の価値が下がる」=「円安になる

ということです。

今回も同じ傾向があれば、円安が見込めるかもしれません。

これから売買をしようと考えている方は、ぜひ頭の片隅に入れておいてはいかがでしょうか。

日経平均の動き

実際の日経平均の値動きをみてみましょう。

8月9月と米中問題などがあり値動きが大きかったですが、10月増税のタイミングでは一度価格を下げましたが、現在は反発からの大きな上昇を見せています。

もちろん、米中問題の進展期待があるという背景がありますが反発し上昇が起きているという現状です。

1997年

ちなみに1997年の日経平均の値動きはこちらになります。

引用元:SmartChartPLUS

増税前の3月は価格が下落傾向にあり、4月に入ってから上昇をしているのがわかります。

2014年


引用元:SmartChartPLUS

2014年は4月頭は大きな下落はなかったものの、一週間は下落という形になっています。

過去のチャートを紹介しましたが、増税時の3月から4月にかけては日経平均は価格が落ちやすく下落しているが、1~2週間後には価格は元に戻すのか?と予想を立てることもできます。

今後増税などがあった場合、読み取ることができそうです。

今後はどうなる??


8%から10%へ。

今回の増税で不安を覚えた方も少なからずいるかもしれませんが、実は今後さらなる増税が懸念されています。

安倍首相は今後10年は増税する必要はないと言われているのでしばらくはないのかもしれませんが、軽減税率等を考えると10%の増税は財政改善の効果はそこまで見込めないと思われます。

諸外国は20%の増税を課している国もあります。

日本も20%付近まで増税されるのではないかという声も出ています。

出生率が下がり税金を収める世代が少なくなっている一方で、高齢者が増えてくる。日本の財源は持ちません。
ではどうするのか、税率を引き上げるのが一番手っ取り早い方法な訳です。

もちろんそうならないために、日本政府は様々な対策、施策を行なっていきます。
国の施策、政策は相場にも影響を与えます。

これから投資を始めている方も、すでに投資をしている方もこのような時に対応できるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は最近起きた10月の増税について紹介をしました。

普段はあまり気にしない部分かもしれませんが、このような出来事は多かれ少なかれ相場に影響を与えます。

知識があるのとないのとでは大きく変わってくるので頭に入れておくようにしましょう。

現在の日本の経済状況を見ると今後さらなる増税があるかもしれません。
その時に相場がどう動くのか予想できたらいいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

201811/9

就活生必見!キャリアコンサル事業内容の魅力

こんにちは。担当中村です。 以前にもIXIOの新事業として「キャリアコンサル事業」を立ち上げるという話をしました。 主な目的は、…

20189/7

投資のプロがオススメする絶対に読んだ方がいい投資+面白かった本を紹介

こんにちは。担当の中村です。 投資始めたいけど、本がありすぎてどれを読んだらいいかわからない。 しかし、ちゃんとした本を読んで正…

20195/1

保護中: 4月セミナー動画

動画を見たいという方はこちらからご連絡お願いいたします。[contact-form-7 id="1301" title="コンタクトフォーム…

201810/5

【告知】経営者セミナーを開催します。

こんにちは。担当中村です。 IXIOでは月に1~2度セミナーを行なっています。 目的は、社内情報を会社全体にシェアすること。学校…

201810/26

【10月イベント】最大級イベントクルージング!

こんにちは。担当中村です。 株式会社IXIOでは、月に1回イベントが行われます。 毎回その様子をお届けしてきました。 今回…

ページ上部へ戻る