経済を知る・わかる・がんばれる
知らないって損なんです。 だけど、新しい自分とも出会えます。
NEWS

テクニカル分析! MACD編

メジャーなテクニカル分析の単純移動平均線よりもここ最近プロが多く利用しているテクニカル指標についてご存知でしょうか?

そのテクニカル指標はMACDという指標です。

MACDは単純移動平均線と同様に有名なテクニカル指標ではありますが、単純移動平均線よりもその仕組みや、見方、使い方などを深く理解している人は少ないのではないでしょうか?

仕組みを理解しないままシグナルだけを理解して使っている方などが多いのではないでしょうか?

今回は、MACDの構造や特徴などを理解して投資の運用益に変えていただくためにMACDについて紹介していきます。

MACDの記事を読む前に、移動平均線についてまだ知らないという方はそちらの記事を購読してから読むことをお勧めします。

移動平均線 基礎編!

MACDについて


MACDは、『Moving Average Convergence Divergence』の略称です。
直訳すると『移動平均線・収束拡散トレード法』といいます。

MACDの構成要素は3つあり、MACD線、シグナル線、ヒストグラムです。
それぞれについての詳しい説明は、後の計算方法の部分で説明します。

MACDは単純移動平均線(SMA)ではなく、指数平滑移動平均線(EMA)が用いられています。
MACDは2本の移動平均線を使って、移動平均線の形を見て売買の判断をします。

単純移動平均線と指数平滑移動平均線の違いについて

まず、単純移動平均線(SMA)の計算式と指数平滑移動平均線(EMA)にはどんな違いがあるのかというと、

単純移動平均線=(1日目の終値+2日目の終値+3日の終値)÷3
指数平滑移動平均線=(1日目の終値+2日目の終値+3日目の終値+3日目の終値)÷3+1

このように単純移動平均線は、過去の価格帯の終値を均等に割って計算したものですが、指数平滑移動平均線は、直近の価格帯の終値を2倍にして平均を求めた計算なので、直近の価格帯に比重を重く置いている特徴があります。
単純移動平均線では直近の価格の大きな変動に左右されない傾向があるのに対して、指数平滑移動平均線は最終日の終値を2倍にして計算することで、直近の価格に大きな動きがあった場合は、大きくその値が反映され単純移動平均線よりも早くシグナルをつかめる傾向があります。

指数平滑移動平均線について簡単に説明すると、単純移動平均線の進化版というイメージです。
プロトレーダーの中で、そのように認識されているので、最近では単純移動平均線よりも指数平滑移動平均線を利用するトレーダーが多くなってきています。

【EMAの利点】
①SMAのシグナルの出が遅いという欠点を補っている。
②最終日の終値に比重を置くことで、素早く売買判断ができる。

MACDの計算方法

MACDには2つの線があります。
MACD線とシグナル線です。

この2つの線の関係性からMACDは売買判断を行います。
どのような計算式でMACD線とシグナル線が求められているかというと、

MACD(マックディー線)= 12EMAー26EMA
シグナル=MACDの9日EMA(MACD線のSMA)

まず、9、12、26日という3つのEMAの値はデフォルト値で、これらは変更可能になります。
初心者の方はこの数字から分析してご自身でさらに最低な日数があればそちらに変更しても大丈夫です。

投資初心者の方は、ほとんどこのデフォルトの数値を使って分析しています。

そしてMACDのもう1つの構成要素であるヒストグラムとは、棒グラフのように表示されています。
これは、MACD線とシグナル線がどれだけ近づいているか、離れているかの乖離を表したデータとなっています。

ヒストグラムの計算式は、

ヒストグラム=MACDーシグナル

となり、ヒストグラムの表示が上や下に切り替わる部分のことをゼロラインと呼びます。
このゼロラインとヒストグラムの関係から相場を視覚的に捉えることができます。

MACDの売買判断について

MACD線とシグナル線は、計算式からの意味を読み解くと、
MACD線は短期EMAから長期EMAを引いたことで短期相場と長期相場を比較した線となっています。
シグナル線はMACDを平均化した値です。

上昇トレンドの場合は、短期EMAの値が大きいのでゼロラインよりも上にMACD線が位置し続ける特徴があります。

下降トレンドの場合は、短期EMAの値が小さいためマイナスに位置し続ける特徴があります。

トレンドを捉えるためにMACDでどのように売買判断をすれば良いのかというと、
ゴールデンクロスとデッドクロスを用いて売買判断を行ってきます。

基本的にMACDではゼロラインを基準にして判断していきます。

買いの判断は、
ゼロラインよりも下で、MACD線がシグナル線を上に抜ける、つまりゴールデンクロスをした時が買いのサインです。

売りの判断は、
ゼロラインよりも上で、MACD線がシグナル線を下に抜ける、つまりデッドクロスをした時が売りのサインです。

MACDの中値のようなシグナル線よりもMACD線がゴールデンクロスしたということは、
相場が上昇の傾向が強まっているため、買いの判断ができるということです。

信頼できるゴールデンクロス・デッドクロスに関しても別記事で説明していますが、
今回のMACDのゴールデンクロス・デッドクロスも角度が浅くなく、急な角度であるほど信頼性が高まります

ダイバージェンス効果について

MACDの売買判断の応用として、MACDのダイバージェンス効果というものがあります。

ダイバージェンスとは、MACDが指しているシグナルとは逆の方向に株価が動くことです。
以下の画像のようなチャートの形の時です。

ダイバージェンスが起こる理由としては、上昇トレンド、下降トレントの終焉、転換を意味しています。
上の画像の後のチャートは実際ダイバージェンス現象が出てから相場の流れが転換しています。

MACDの注意点

MACDの売買判断が出たからと無闇にエントリーをすることはオススメしません。

MACDは、停滞相場や、弱いトレンド相場にはあまり向いていないテクニカル指標だからです。

こういう場合は、一時的に売買シグナルが出ますが、すぐに戻ったりすることが多いためMACDのシグナルの出方に注意する必要があります。

騙しに合わないために、大きなトレンドの流れを把握して、信頼性のあるシグナルを見極めてエントリーする必要があります。

もし、逆に動いてしまったとしても焦らずしっかりと損切りをする、と言ったような対策資金管理、相場心理が重要です。

MACDと組み合わせるとオススメなテクニカル指標

ズバリ、移動平均線です!

移動平均線よりも早く売買判断がでるMACDと組み合わせることによって移動平均線の先を読むことができ、MACDと移動平均線の相場の方向性を示す形が正しいかどうかを判断することができます。

例えば大きなトレンドが発生しているときは移動平均線の向きが3本とも安定して上向きで、
MACDもゴールデンクロスやプラス圏内に推移していると根拠が強まります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
MACDの計算式やその意味を理解することで、相場の状況などを把握しやすくなったのでしょうか。

それだけでなくMACDはエントリーするタイミングが移動平均線と組み合わせることで良い位置でポジションを持てることも魅力の1つではないでしょうか。

MACDで利用されているEMA、シグナル線などの概念は他のテクニカル指標にも利用されています。

様々なテクニカル指標に触れていくと、自分にあったトレードで運用を楽しめるようになります。