経済を知る・わかる・がんばれる
知らないって損なんです。 だけど、新しい自分とも出会えます。
NEWS

ダウ理論 〜相場の本質を見るために必須な知識〜

こんにちわ!
今まで、移動平均線やMACDなどのテクニカル分析について紹介してきました。

今回紹介するのは、ダウ理論という全てのテクニカル分析の基となっている理論について紹介していきます!

ダウ理論の考え方が、あるか無いかで相場を見ることで、今まで使っていたテクニカル指標やトレード方法をさらに強化することができます。

ダウ理論を知らない投資家はいないと思うので、是非この記事を機にダウ理論について学んでください!

ダウ理論とは

ダウ理論は、19世期終わりにチャールズダウというアメリカの証券アナリストが構築した相場理論です。

画像引用元:Wikipedia

チャールズダウは、『ウォールストリート・ジャーナル』を創刊したダウジョーンズ社の創業者の1人でもあります。

ダウジョーンズ社は、アメリカの経済新聞の発行元である経済関連の出版社、通信社です。

このダウ理論の相場理論が作られた後に様々なテクニカル分析が編み出されますが、このダウ理論に影響を受けているものが多くあります。

『テクニカル分析の父』、とでもいうべき存在です。

ダウ理論は、テクニカル分析の父とも言われるような存在なので、ほぼ全ての市場参加者がダウ理論の考え方を頭に入れながらトレードしています。

ここで大事なのが相場は市場参加者の多数決で動いていきます。

つまりダウ理論の考え方を知った上で相場を見ることは、他の市場参加者の心理状況を知るには欠かせない存在です。

ダウ理論は深く調べるとかなり内容がわかりづらく難しいので今回はダウ理論の6つの基本的原則のうち3つに絞って説明していきます。

興味のある方は、ダウ理論について調べてみてください!

ダウ理論の基本的原則について

ダウ理論の基本的原則は以下の6つになります。

1、平均は全ての事象を織り込む
2、トレンドは3種類ある
3、主要トレンドは3段階からなる
4、平均は相互に確認されなければならない
5、トレンドは出来高でも確認されなければならない
6、トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

この中でも今回は太く強調されている3つに絞って説明していきます。
個人的には最後の赤文字の原則が一番重要だと思うのでそこだけでもよく理解しておくことをお勧めします。

平均は全ての事象を織り込む

『平均は全ての事象を織り込む』とは、価格の変動には経済的な動きや指標(移動平均線など)のサインなどの全てに影響しているということです。

わかりやすく説明すると、膨大なファンダメンタル要因(経済的なニュースなど)の情報収集や分析を行わなくても、チャートを見れば一目瞭然で相場の流れが読み取れるということです。

現代では、テクニカル分析というものが確立してるので、チャートから相場の流れを予想することは当たり前なのですが、100年以上前にこれを最初に考えついたのがすごいことだと思います。

一見相場は無茶苦茶な動きをしていると思われていたのですが、
この考え方とファンダメンタルの材料と値動き見ると法則性が6つ見えてきます。

材料 値動き
好材料(予想よりも良い材料) 上昇:素直な反応 トレンド続行を示唆
好材料 下落:材料出尽くし噂で買って、事実で売れ 下落を示唆
悪材料(予想よりも悪い材料) 上昇:噂で売って、事実で買え 上昇を示唆
悪材料 下落:素直な反応 トレンド続行を示唆
材料なし いきなり上昇: 一般投資家は知らない『何か』が起きている 上昇トレンドを示唆
材料なし いきなり下落: 一般投資家は知らない『何かが起きている』 下落を示唆

好材料にも関わらず相場が下落したり、悪材料にも関わらず相場が上昇したりする要因としては、経済指標が発表される前に株価が売られ尽くしていたり、買われ尽くしているときに起こる現象です。

注目されているニュースがどれほど期待が込められているか、不安視されているかをファンダメンタルから読み取り、株価の動きもこのパターンに当てはまっていたら、売買判断をする根拠になるのです。

チャート上の形も大事ですが、経済指標の数字と見比べて相場の価格の本質的な価値を自分で予想して売買を行っていくことが、先物でも株でもとても重要になります。

トレンドは3種類ある

ダウ理論におけるトレンドは、

1、主要トレンド=1年〜数年のトレンドサイクル
2、二次トレンド=3週間〜3ヶ月間のトレンドサイクル
3、小トレンド=1時間〜3週間未満のトレンドサイクル

わかりやすくいうと長期、中期、短期的なトレンドで分かれており、
単純に長期トレーダーは主要トレンドを、
短期トレーダーは小トレンドを見ればいいというわけではありません。

大事なのは、小さな流れだけでなく、大きな流れも俯瞰して現在の流れを把握することが重要です。

どういうことかというと、
3つのトレンドはそれぞれ独立しているわけではなく、
主要トレンドの中に二次トレンドが、二次トレンドの中に小トレンドがあるということです。

下の画像は、3つのトレンドのイメージをわかりやすく描いたものです。
少し歪ですがご了承ください!

様々な時間軸から今の相場のどの辺りにいるのかが予想できるだけでも売買判断の根拠が強くなりトレードができるので相場の現在地は把握しておくと良いです。

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでトレンドは継続する

まず、トレンドの定義についてしっかり理解しておきましょう。
ダウ理論におけるトレンドの定義とは、

上昇トレンド=『高値切り上げ、安値切り上げでチャートが動いている時』
下降トレンド=『高値切り下げ、安値切り下げでチャートが動いている時』

です。

分かりやすく図に表します。

図のように、上昇トレンドの場合は、高値1よりも高値2がの方が値が切り上がり、安値1よりも安値2の方が値が切り上がっています。
下降トレンドの場合は、高値1よりも高値2の方が値が切り下がっており、安値1よりも安値2の方が値が切り下がっています。

このような動きをしている時は、トレンドが発生しており継続していることを表しています。

ダウ理論におけるトレンドの明確な転換シグナルとは、
『直近の高値(安値)を抜けたときにトレンドは崩れる』です。

つまり、上昇トレンドの場合は、直近の安値を抜けるとトレンドの転換を意味し、下降トレンドの場合は、直近の高値を抜けると転換を意味します。

実際のチャートに当てはめて考えると以下の画像のようになります。

上昇トレンドが継続していましたが、直近の安値を抜けると相場の方向性が切り替わっているのがわかります。

重要なのは、どこを高値、安値と見るかです。
ここを理解していないともみ合いの相場で安値が更新したからエントリーして損をしてしまうというのが、よくあるミスです。

このミスを減らすように心がけて数をこなせば利益を重ねられるようになります。
相場の転換ポイントやトレンドかもみ合いかを判断してエントリーポイントを狙うことができるので、判断できるようにしておくと良いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ダウ理論は、全部理解しようとすると時間がかかりますが、大事な要点を絞って学ぶとトレンドやもみ合いの見分け方を学べたり相場の基本的な部分を知ることができます。

ダウ理論の概念をうまく取り入れれば今よりも利益を取れるのではないでしょうか。

是非、参考にして、活用しみてください!