経済を知る・わかる・がんばれる
知らないって損なんです。 だけど、新しい自分とも出会えます。
NEWS

DMI 〜トレンドの強さを見極めるためのテクニカル指標〜

こんにちわ!
サブチャートに表示するのはMACDやRSIなどの逆張りのテクニカル指標だと思います。
サブチャートの中で順張りのテクニカル指標であるDMIはご存知でしょうか?
DMIは移動平均線と同様にトレンド相場を見極めさらに上昇や下降の強さまでもDMIで見れます。

そんなDMIを理解すれば、今のシステムと併用してさらに利益を上げることも可能だと思います。

1つの手法で永遠に勝てるほど甘くないのが投資の世界です。
常に今のトレンドを把握し、トレードスタイルをその都度変えて適応しなければなりません。

どのように臨機応変に対応できるかは、知識と課題を見つけ解決する能力です。
投資は、知識と相場のマーケット市況を読み取る力が必要になるので、上記の能力は確実に鍛えられます。

そのマーケット市況を読み取る手段の1つとして、今回はDMIについて説明していきます。

是非、DMIについて学び、実戦で活かしてください!

DMIとは、、


DMIは日本語に直訳すると『方向性指数』といい、RSIなどを開発したワイルダー氏が、
一定期間の値動きから、現在の相場の方向性を数値として表したテクニカル指標です。
現在の相場におけるトレンドの有無や、トレンドの強さを判断するのに使います。

DMIはチャートの下に表示されるサブチャートの『+DI』『-DI』『ADX』の3本のラインで構成されます。

それぞれの指標がどのような意味があるのか解説していきます。
上の画像の赤い線が『+DI』、青い線が『-DI』、黄色い線が『ADX』です。

+DI:相場が上に向かう強さを表しています。
+DIは相場が高値更新を続ければ上昇していき、相場の勢いが弱まれば下降していきます。

-DI:相場が下に向かう強さを表しています。
-DIは相場が安値更新を続けていれば上昇していき、相場の勢いが弱まると下降していきます。

ADX:上昇、下降に関係なく、トレンドの強さを表しています。
ADXが上昇している場合、そのトレンドは強いトレンドであるということがわかります。
ADXは相場のトレンドが強いと上昇し、トレンドが弱まると下降していきます。

DMIは相場の上昇力を示す『+DI』、相場の下降力を示す『-DI』、トレンドの強さを示す『ADX』の3つのラインを使って、トレンドの反転のタイミングやトレンドの継続を判断してきます。

DMIの売買サイン

DMIは『+DI』と 『-DI』の2本のラインがクロスした点が売買サインになります。
DMIでも、MACDで説明したゴールデンクロスとデッドクロスが売買サインとして判断されています。

DMIのゴールデンクロス:+DIが-DIをしたから上に抜けるとゴールデンクロスで、買いのサインです

DMIのデッドクロス:+DIが-DIを上から下に抜けるとデッドクロスで、売りのサインになります

この時トレンドの勢いを示す、ADXは、+DIと-DIに比べると少し遅れてから反応します。
+DIと-DIのみ見るのではなく、売買サインがあったら必ずADXも確認します。

ADXはトレンドの強さを示しているので、売買サインが出ていても、ADXが下がっている、または横ばいの場合は、トレンドが弱く、ダマシである可能性があるます。

つまり、

売買サインのクロスがあり、ADXも上昇している場合は強いトレンドが発生しているのでエントリーのチャンスということです。

ADXが下がったり、横ばいになってDIの傾きも下向きになってきた場合は、トレンドの終わりを示している可能性があるので意識して取引しましょう。

以上が基本的にDMIを使っていく上で必要な知識です。

DMIの計算式

+DIと-DIを求めるには、『+DM』、『-DM』、『TR』を計算する必要があります。
+DM上昇幅、-DMは下降幅、TRは実質的な変動幅を示します。この3つは比較的優しい計算です。

±DIとTRの計算方法

+DMの求め方
+DM = (当日の高値)-(前日の高値)

-DMの求め方
-DM = (前日の安値)-(本日の安値)

TRの求め方
TR = 『当日の高値-当日の安値』『当日の高値-前日の終値』『前日の終値-当日の安値』の中で最大値

*計算式は日足ベースで計算しているので、15分足で考えると1本前のローソク足と現在のローソク足で計算します。

±DIの計算方法

+DI、-DIの計算式は以下の通りになります。

+DIの求め方
+DI = +DM ÷ TR × 100

-DIの求め方
-DI = -DM ÷ TR × 100

ただし+DIもしくは-DIのどちらかが正数であれば、もう一方の値を0として計算します
+DIと-DIが同値の場合は0としません。

ADXの計算方法

ADXの計算には『DX』が必要になります。
計算式は以下のようになります。

DXの求め方
DX = 100 × (+DIと-DIの差の絶対値)÷ (+DIと-DIの和)

ADXの求め方
ADX = DXのN日間の平均値

N日間』は自分で期間を設定することができますが、14日や28日に設定するのが一般的です。

実際に使っていく中で、自分に合った最適な日数を見つけてみても良いです。

DMIのまとめ

DMIは買いや売りの強さや、トレンド相場においてのトレンドの強さなどが見極められるため、裁量やシステムを活用していく上で使えるテクニカル指標だと思います。

DMIも他のテクニカル指標と同様に組み合わせて使えば、新たなトレードスタイルの発見に繋がるかもしれません。

是非、活用してみてください!