ixiomagazine

一瞬を一生に。

© ixiomagazine All rights reserved.

20201/18

来週(1/20~)から相場見通し

先週は24110の高値を狙いに行く動きを見せていましたね。
高値手前で下落してしまい、やはり今年最高値はなかなか更新してくれないイメージです。

上昇の主な要因としてはやはり米中貿易第一段階の合意が挙げられます。
そこに向けて好材料のニュースが報じられました。
米政府が中国の為替操作国認定を解除し、アップルやテスラ、マイクロソフトが買われアメリカの主要な株価が最高値を記録しました。

アメリカとイランの地政学リスクも後退していたので、好材料が重なり、日経平均も最高値を捉えに行く動きでしたね。

来週からの日経は高値更新するのか、それとも材料出尽くしで下落していくのか予想していきます!

来週(1/20~)からの見通し

来週の寄付きは注目しがいがあり、日経が最高値を更新しきれずに引けました。
全体的に相場は上昇傾向にあります。
長期足は、上昇トレンドが継続しています。

短期足は、高値更新を続けているものの上昇と下落の変動の大きいもみ合いと言った見方です。

週明けの寄付きからサクッと上に抜けて更新してくれれば、買いの目線で日経は上昇すると思います。

しかし、最高値ということや、好材料の出尽くし感があり、高値更新が厳しいのではないかという見方もあるので、高値の更新にもたついていたりする場合は、売られてしまい下落する可能性もあるのでその場合は、上昇トレンドの形が崩れるまでは、様子見をした方が良いと考えています。

先週から15分足のチャートで、安値が切り下がることはなかったので高値圏内でもみ合って安値を切り下げるような動きがあれば高値更新は難しくなっていくと思います。

安値を切り下げる動きを見せ、高値も切り下げ始めたら下降傾向へ入るサインの可能性があります。

その場合は、買い目線を見送り様子見をします。

重要な経済指標

1/20 日銀決定会合(1日目)
1/21 15:30 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
 日銀金融政策決定会合、政策金利発表、日銀展望レポート

来週の重要な経済指標として日本銀行の金融政策決定会合と政策金利発表があります。

市場予想と大きく異なった発表がされた場合は株価は大きく変動するので注目しておくべき指標です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

201812/30

投資で成績を収める秘訣とは!IXIOメンバー3人に話を聞いてきた。

こんにちは。 2018年は、代表やアドバイザーの方の紹介をおこなってきましたが、今回はメンバーの方にお話を伺ってきました。 3人…

201810/5

【告知】経営者セミナーを開催します。

こんにちは。担当中村です。 IXIOでは月に1~2度セミナーを行なっています。 目的は、社内情報を会社全体にシェアすること。学校…

20185/21

メディアを開始いたしました。

この度、株式会社IXIOではHPの作成と共にメディアを開始することになりました。 なかなかミーティングを組むことができない地方の方、仕…

公園のような会社。もっとワガママに活動してほしい。

こんにちは。担当中村です。 第一回の記事で、小堀代表のインタビューを紹介させていただきました。 主に会社情報や、今後の展開など。…

20194/30

4月相場振り返り

こんにちは。 担当中村です。 4月日経平均に影響を与えた出来事を簡単にまとめたいと思います。 経済指標やイベントを抑えるこ…

ページ上部へ戻る