ixiomagazine

一瞬を一生に。

© ixiomagazine All rights reserved.

みんなのやりたいを実現できる場所。イクシオ立ち上げの経緯

この度、株式会社IXIOで社内向け広報サイトを運営することになり、担当をする事になりました中村です。

このメディアを通し、セミナー・イベント・インタビューを実施しIXIOに関する情報を発信していきます。

創立されてからまだ日は浅いですが、ユーザー数は既に500名を超える規模にまで拡大しました。

人数が増え大きくなるに連れて、直接代表と話したり、会社の情報を共有をする機会も少なくなってきたのではないでしょうか。

そこで今回は、株式会社IXIOをまとめる代表取締役社長 小堀 貴也さんに”会社立ち上げの経緯、IXIOのビジョンや方向性“について伺いました。
 


プロフィール
・株式会社IXIO
・代表取締役社長:小堀 貴也
・生年月日:1992/06/04
・出身:東京都

IXIO立ち上げまでの経緯

ーーこの度、株式会社IXIOを立ち上げられましたが、まずはどういった経緯で起業されたのかお聞かせください。

そうですね。
最初に起業を意識したのは学生の時ですね。

それまで約17年間サッカーを続けてきて、夢はサッカー選手になる事でした。

勉強の類は一切やらず、サッカーばかりの生活を送っていましたね。

しかし、大学生の時に大きな怪我をしてしまいサッカーを続ける事が出来なくなってしまいました。

その時は絶望し、結果的に一番の夢を諦める事になってしまいました。

そこからは様々な企業のインターンに参加し、やりたい事を模索する毎日でした。
国会議員の秘書の経験もあります。

自分に役立つ経験にしたい、スキルを身に付けたい、やりたい事を見つけたいと必死だったのですが、担当していた方に「君には武器が無いね。」と言われました。

ショックでしたよ。同時にすごい悔しかったのを今でも覚えていますね。

結局、サッカーを辞めたら何も残っていない自分に大きな憤りを感じました。

とにかく何とかしたいと考えた時に、今の自分では経験不足だと気づき、まずは多くの未経験を経験するために、色々な場所に足を運ぶようにしました。

今も変わらないですが、当時は怖いもの知らずだったので、街中で気になる人がいればとりあえず話しかけに行っていましたね。

生活水準が高そうと言うと失礼ですが、オーラがあり、格好良いスーツを着ている人がいればとにかく片っ端から声を掛け「どうしたらそのような生活が出来るのか」聞いて回っていました。笑

面白いことに、僕の目に止まる人のほとんどが、経営者・実業家・投資家と仰る方が多かったですね。

そして段々と「自分もこういう人になりたい。」と想うようになり、経営者を目指す大きなきっかけになりました。

今でもその人たちの影響があり、意識しているところがあります。

あとは家庭の事情ですね。

内容は伏せますが、当時色々と相談していた人や、周りの人に「就職は諦めた方がいい。」とまで言われる状態だったんです。

状況は最悪でしたが、僕としては絶望は無くむしろ希望に満ちた感覚でした。

サッカー選手を諦めた時から、「諦めることを諦めよう」と言う気持ちが強くあり、起業という選択肢を選んだんです。

そんな思いから、「自分の夢を叶えるために起業してやろう!」というのがIXIOを立ち上げた経緯になります。

1人じゃ出来ないけど、みんながいればなんでも出来る。

ーーありがとうございます。会社名にはどんな思いが込められているのでしょうか。

IXIOという意味ですが、アルファベット1つ1つに思いが込められていて、最初のIは「I=私」、もう1つのIは「I=あなた」を意味しています。
Oは「O=輪を作る」という意味があり、

「I(私)X(と)I(あなたで)O(輪を作る)」

こういった思いで、IXIOという会社名にしました。

「1人じゃ何も出来ないけど、もう1人いれば出来る。だからみんなと繋がっていこう。」

という事ですね。

基本的に僕は、何事も1人で出来ると思ったことが無く、誰かがいてここまで来れたと想うからこそ、繋がりを持てる会社にしたい。そんな思いが強かったです。

絶対にこの想いは、会社名に入れようと考えていましたね。

ーーありがとうございます。「繋がりを大事にしたい」素敵な想いだと思います。企業理念に関してはいかがでしょうか。

弊社の経営理念は、

一瞬を一生に。

何故このような理念にしたかというと、僕は海外旅行が好きでよく行くんです。

たまに日本人が旅先に住んでいる事があり、仲良くなることがあるんですよ。

ここでも「どんな仕事をしてるんですか?どうしたらそんな生活ができるんですか?」と聞くことがあります。

その中の仲良くなった人で、元々ある企業で会社役員だった人がいたんです。

海外で生活をしている理由は「仕事を辞めて留学に来てる」って仰るんですよ。

40~50歳の大人が仕事を辞めて勉強をするために留学に来てるんです。

すごい素敵じゃ無いですか?

何歳になっても夢を追いかけている大人が海外にはいて、純粋に格好良いと思いました。

けれど、その人に会ったのは何十年も前の事なんです。

それでも今でも鮮明に覚えてるんですよ。

その人と喋ったのはほんの数分間程度だったんですが、今でも自分に大きな影響を与えているんです。

なので、僕もメンバーの一瞬を一生に変えられる、与えられる人になりたいと思い「一瞬を一生に。」という企業理念にしました。

みんなのやりたいを形にできる会社

ーーありがとうございます。「一瞬を一生に。」って素敵な言葉ですよね。次に会社の目標や今後の展開や、事業計画をお聞かせください。

弊社はまだまだ若い会社ですが、エネルギーが凄いあるなって感じます。

コレがやりたい、アレがやりたいと発信してくれるメンバーが多いので、非常に活気もあります。

そんなメンバーがいれば、正直出来る事しかありません。

それこそ代理店営業もやりたいし、飲食店もやりたいし、人材派遣もやりたいですね。
可能性なんて無限大です。

ただ、会社のコンセプトはみんなのやりたい事を形に出来る会社なので、やりたい事があればもっとみんなに発信してほしいです。

みんなの意見を形に出来る会社が僕の理想ですし、IXIOはそういう会社にしたいと思っています。

なので、IXIOの次の事業は今のメンバーの「やりたい」を事業化したいですね。

しかし、何度も言うようですがやりたい事を実現させるには絶対に1人では出来ないと思っているので、

  • 常にどれだけの人に好かれることが出来るか。
  • 人の上に立つ事が出来るか。
  • どれだけ人を集めることが出来るか。
  • 人にどれだけ影響を与えることが出来るか

が、やはり重要ですね。

IXIOでは総合面で優れた人間、それぞれのやりたい事をしっかりと実現できる人物作りも行い、みんなの「やりたい」を事業化し成功させて行きたいですね。

ただ、個人的な発言をすると、海外進出も夢ですが、すぐにでも飲食店を手掛けたいです。笑

ーーありがとうございます。みんなが集まれる場所があるのは素敵ですよね!
ちなみに会社としては、今年度どれくらいの売り上げ目標を抱えているのでしょうか?

会社の年商は10億で考えています。

1年目から10億叩いて、「若い会社だけど、これだけ出来るぞ!」と言える集団を作るのが目標です。

合わせて、メンバーの金銭的余裕を作ることも重要だと考えてます。

全員がやりたい事をやれるだけのお金をまず稼いで欲しい。」という思いがあり、そのためのお金は提供たいと考えています。

なのでそれだけの要求をして来て欲しいですね。

会社としての売り上げは、僕が考える事が出来ればそれでいいので、みんなにはまず自分優先で活動してもらいたいですね。

メンバー全員がIXIOを通し、今抱えている目標を達成し、成長できたと感じる事が出来れば、必然的に会社の売り上げも達成してると思うんです。

年商10億というのは大きな数字ですが、みんな若い間から稼ぎたいという想いがあるので、それくらいは逆にやらないといけないですし、達成させるのが僕の使命だと考えています。

今の6倍以上やらないといけないですけど。笑

感謝する事ができる、感謝される行動をとる。

ーーありがとうございます。メンバー個人の目標を達成するに当たって、取り組んでほしいこと、意識して欲しいことはありますか。

そうですね。
今のメンバーを見ててまず一番に想うのはもっと感謝される人間になれるように意識して欲しいですね。

感謝する事が出来る、感謝される行動をとる。当たり前のことですが、人として一番重要な事だと思っています。

僕が思う成功者とはギバー(与える人)だと考えていて、とにかく多くのモノを与えて、与えて、どれだけ相手の事を考える事ができているか。

テイクは無くていいので、相手に気遣いができるか、与え続ける事ができるか。を意識出来るようになって欲しいです。

あとは、常にお客様の事を考えて行動が出来るようになって欲しいですね。

もちろん、現メンバー8人で500人のお客様を相手にしているので大変なのはわかるのですが、教え方の1つでその子の熟練度が変わったり、お客様に与える印象や伝わり方が全く異なってきます。

教える側には常に、「ダメな生徒はいない。生徒が出来ないのは、生徒が悪いのでは無くて教える自分がダメなんだよ。常に置き換えて教えてください。」と言っていますね。

なので、常にお客様の事を考えて行動できるようになって欲しいです。

しかし時には、お客様の事を考えて行動しても、自分では何が出来ていて、何が出来ていないのかわからない場面も出てきます。

なので、常に出来る事を誰かに言い続けて誰かに確認を取る事が大事ですね。

そこで出来ない事があれば、出来るようにするのが僕の使命なので。

全知全能だったらつまらないからこそ、人に感謝される人出来ないことを探せる人になって欲しいです。

夢を語れる人間になって欲しい

ーーありがとうございます。最後に、メンバーにメッセージがあればお願いします。

最近感じるのが、夢を語れない大人が多いな。って感じます。

今いるメンバーにはちゃんと夢を語れる大人になって欲しいです。

小さい時は、何とかレンジャーになりたいとか、何とかマンになりたいとか、なりたい物・したい事を胸張って言えたと思うんです。

しかし、大人になるとこういう仕事がしたいとか、こういう生活をしたいとか、欲が言えなくなっているんです。

何故、自分の夢が言えなくなるんだろう。」って思います。

正直、頭の中なんて常に中学生くらいで良いと思ってます。
それだけ毎日ハツラツしてて、楽しいと思える事をやってた方が若々しくいられるし、やれることも経験も多くなると思います。

なので、なにも恥ずかしい事なんて無いので自分の夢をどんどん発信し、実現して欲しいですね。

あとは、目標・やりたい事が無い人であれば、無い自分を認めてあげることが重要だなって思います。

夢があるから良い、無いから悪い、夢を語れるから良い、語れないから悪い。

というよりは、無い自分を知ってるからこそ、だったらどうしようと次に繋げる事が絶対に出来るので、まずそういう人間になって欲しいという思いと、そんな場所(会社)を作っていきたいと思っています。

みなさんに「小堀 貴也に会えてよかった。」と思ってもらえる活動をしていきますし、後悔は絶対にさせませんので、僕に付いてきて欲しいです。

ありがとうございました。

実際にお話を伺ってみて、常にメンバー、お客様の事を考えて活動をされている印象を受けました。

お客様を第一で考えることが出来るからこそ、今のIXIOがあるのでは無いでしょうか。

まだ代表と直接お話をした事がない人がいれば、一度ミーティングを組んでお話することをオススメいたします。

物事の考え方や、捉え方、人生観も大きく変わることでしょう。

これからも株式会社IXIOの魅力をお伝えしていきます。よろしくお願いします。

  • みんなのやりたいを実現できる場所。イクシオ立ち上げの経緯 はコメントを受け付けていません
  • インタビュー

関連記事

コメントは利用できません。

20188/31

9月経済情報

9月予定されている経済イベントを紹介します。 投資を行う上で、経済指標を把握することは重要なことになります。 最後に重要な指標を…

20189/7

投資のプロがオススメする絶対に読んだ方がいい投資+面白かった本を紹介

こんにちは。担当の中村です。 投資始めたいけど、本がありすぎてどれを読んだらいいかわからない。 しかし、ちゃんとした本を読んで正…

20195/1

保護中: 4月セミナー動画

動画視聴希望の方は本文に動画タイトルを入力し送信してください。[contact-form-7 id="1301" title="コンタクトフ…

20185/22

HP始めました。

株式会社IXIOでは公式ホームページをオープンいたしました。 企業情報などはこちらに全て記載をしていきます。 確認よろしくお願いいた…

20195/10

5月経済指標(アドバイザーの方の見解も紹介)

5月予定されている経済イベントを紹介します。 投資をする上で、経済指標を把握することはとても重要なことになります。 中でも注目度…

ページ上部へ戻る