ixiomagazine

一瞬を一生に。

© ixiomagazine All rights reserved.

20203/8

来週の(3/9~)相場見通し

今週の相場振り返り

先週末の予想では、相場は徐々に回復傾向になるという予想を立てていましたが、結果としては、下落して今週は引けました。

コロナの影響で下落が止まりませんね!!笑

112円あったドル円も105円まで下落して円高が急速に進行しました。
ミニ日経先物3月限の3/7ナイトセッションの引けも20320で引けました。

現在も相場は下降トレンドの形を維持しています。

この状況を受けて、市場に対してネガティヴな見方を主張する発言もあります。

グローバル通貨・新興市場戦略共同責任者のザック・パンドル氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、円の長期的な適正価値の推計は1ドル=95円だと述べています。

参考記事:ブルームバーグ

経済指標としては、アメリカの雇用統計としては、2月の結果は良いものでした。

2月の非農業雇用者数は予想17.5万人に対し前月比27万3000人増で2018年5月以来の最大の伸びとなりました。
しかしこの数字は、新型コロナウイルスの懸念が加速する前だったので、来月からの雇用統計の結果などの懸念が大きく相場は下落したものと考えられます。

参考記事:yahooファイナンス

来月の雇用統計などの経済指標は要注目ですね・・・。

今後相場はどのような展開を見せるのかを予想していきましょう。

来週の(3/9~)相場見通し

来週の方向性としては、前回は回復していくという見立てでしたが、何かポジティブなニュースが流れて懸念が後退しない限りは、上昇することはないと思うので、
来週も下げの目線で考えています。

チャートの形状としては、相場は下降トレンド中なのですが、かといって売りかと言われても予測しづらい相場です。

20500〜21800の間を激しい変動で上下に動いていました。

この動きは危険極まりないなと感じていました。結果として20500を下回り下落の勢いが優勢に見えますが、変動幅がすごいのですぐ戻る可能性もあると思います。

寄り付きは、ギャップアップして上昇する可能性もありますが、2月末からの相場のボラティリティは大きすぎるので、売買は控えた方が良いと思います。
一番賢いのがこの戦い方だと私は思っています。

とにかくこういう相場が初めてな方はまず生き残ることから考えて相場を観察した方が良いと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公園のような会社。もっとワガママに活動してほしい。

こんにちは。担当中村です。 第一回の記事で、小堀代表のインタビューを紹介させていただきました。 主に会社情報や、今後の展開など。…

20195/19

経営者セミナー質問回答

4月28日に行われた、経営者セミナー時の質問を回答させていただきます。 前半・貿易事業部ナイミ Q,日本国籍は強いと仰っ…

201812/30

投資で成績を収める秘訣とは!IXIOメンバー3人に話を聞いてきた。

こんにちは。 2018年は、代表やアドバイザーの方の紹介をおこなってきましたが、今回はメンバーの方にお話を伺ってきました。 3人…

20185/22

HP始めました。

株式会社IXIOでは公式ホームページをオープンいたしました。 企業情報などはこちらに全て記載をしていきます。 確認よろしくお願いいた…

20192/2

2月経済指標

2月経済指標 2月予定されている経済イベントを紹介します。 投資をする上で、経済指標を把握することはとても重要なことになります。 …

ページ上部へ戻る