ixiomagazine

一瞬を一生に。

© ixiomagazine All rights reserved.

20205/24

週明けの相場見通し(5/25~)

今週の相場振り返り

今週の相場は、20070で始まり、20585で500円程上昇して引けました。
日経平均株価が上昇した要因をまとめていきます。

上昇要因

米国株式指数の主要株式指数が高騰した頃により買いが先行しました。
米株が高騰した要因としては、

・5月ニューヨーク連銀製造業指数が4月に比べ改善したこと
・原油価格の上昇が好感されたこと
参考記事:Kabutan

が挙げられます。
米国の経済指数が改善傾向にある事で、米株式指数が強気な好投を見せた事で、日本も緊急事態宣言が解除される地域が出始め、景気回復への期待もあり日経平均も引っ張られるようにリスクオンの流れが出ました。

FRBのパウエル議長やムニューシン米財務長官らが相次ぎ景気刺激策に前向きな姿勢を示したことで、市場心理が改善しました。

今の相場で、投資家が気にしているところは、
各国の経済状況の改善具合新型コロナウイルスのワクチン開発の進み具合だと考えています。

その点から見ると、今週の相場はネガティブなニュースはなく、景気回復に対する期待感もあり、幅広い指標が上昇していました。
一時アメリカと中国との貿易摩擦による関係悪化が注視されましたが、第1段階の合意は破棄しない姿勢をトランプ大統領が発言した事で、悪化への懸念も後退しました。

日本経済新聞

来週の相場を見る上でも、経済的な情報をしっかり把握しながら今後の方向性を予想していきましょう!

相場の見通し

週明けの相場の見通しを結論から書くと、20260か20815をどっちに抜けるかで方向性がガラッと変わると考えています。
個人的には、週明けは20815を捉えにいくのではと思っています。

5/21~の下落は、上昇中の調整だと思います。
そこから上昇フラッグを形成し、今週末はそのラインを上に抜けて引けているので、20815を捉えに行くかもしくは21000までいくかもしれません。

逆に、上昇の勢いが弱く、20260を抜けてしまうと、ダウ下降トレンドに入る傾向が強くなるので、週明けの相場の動きを見ながら、ポジションを取る形になると思います。

日足のチャートを見ると75日移動平均線の上に推移し始めたばかりなのと、3本の移動平均線が滞留している時はその価格の近辺は意識されやすくなるので、一旦は上下に揉み合う可能性があると思います。

来週も様々な可能性を模索しながらトレードしていきましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

201810/19

【経営者セミナー】経営者の考え方、IXIO新事業についても紹介

こんにちは。担当中村です。 以前に紹介をしていた、経営者セミナーが10月14日に開催されました。 今までの通常セミナーよりも、多…

201810/26

【10月イベント】最大級イベントクルージング!

こんにちは。担当中村です。 株式会社IXIOでは、月に1回イベントが行われます。 毎回その様子をお届けしてきました。 今回…

20195/19

経営者セミナー質問回答

4月28日に行われた、経営者セミナー時の質問を回答させていただきます。 前半・貿易事業部ナイミ Q,日本国籍は強いと仰っ…

201811/9

就活生必見!キャリアコンサル事業内容の魅力

こんにちは。担当中村です。 以前にもIXIOの新事業として「キャリアコンサル事業」を立ち上げるという話をしました。 主な目的は、…

20188/31

9月経済情報

9月予定されている経済イベントを紹介します。 投資を行う上で、経済指標を把握することは重要なことになります。 最後に重要な指標を…

ページ上部へ戻る