経済を知る・わかる・がんばれる
知らないって損なんです。 だけど、新しい自分とも出会えます。
NEWS

週明けの相場見通し(8/17~)

今週も1週間お疲れ様でした!
お盆の期間中のトレードの調子はいかがだったでしょうか?
お盆の期間ということもあり、相場に執着していた人は多かったのではないでしょうか。
週明けの相場も利益を取れるようにするためにも是非、記事を参考にして頂けたら幸いです!
それでは早速、今週の相場振り返りと週明けの相場見通しに関して書いていきます!

今週の相場振り返り

先週の記事の見通しとしては以下のように考えておりました。

週明けの相場の見通しですが、買い目線で見ています。
日足は75日移動平均線サポートしているため、上の方向に優勢

 

先週のダウ下降トレンドが、崩れ、転換した事で、ダウ上昇トレンドを形成しつつあります。
今週で22185が調整をつけ終わったとみると今週の引けは、22625の高値を捉えにいく動きを週明けに見せるかもしれません。

先週は買い目線で週明けの相場を予想していましたが、今週の相場はどのような展開になったのでしょうか。
以下の画像は、今週の日足のチャート画像と60分足のチャート画像です。

上の二枚の画像を見ても分かるとおり、今週の相場は上昇でしたね。

週明けにしっかり22625の高値を更新し、ダウ上昇トレンドを形成しています。
日足のチャート画像では、75日移動平均線がサポートラインとして機能していて、上の方向性が安定的でしたね。

テクニカル的には、
60分足では、ダウ上昇トレンドが形成されていたこと
日足では、75日移動平均線がサポートラインとして機能したこと
が上昇の大きな要因になったと考えています。

8日にトランプ大統領が追加経済対策を大統領令で発動した事をきっかけにNYダウが7連騰。
外国為替市場でも1ドル=106円台に入り円安に傾いたのも材料になったかと思います。
米国先物指数の上昇により投資家の中でも、リスクオンのムードが広がり、日経平均も上昇したと考えられます。
参考記事:Kabutan

ファンダメンタル的にも、投資家の方々が好感を持てるようなニュースが流れたことにより、上昇の流れを作り出した印象ですね。

来週の相場はどのようになるのかを予想していきます!

週明けの相場見通し(8/17~)

週明けの相場の見通しとしては、先週と同じで、買い目線、上目線で見ています。

金曜日のナイトセッションで一度売られ、価格が下落しましたが、週明けの相場で23050を下回らず、上昇に流れが傾いたら、さらに強い上昇が期待できると考えています。

23050を下回った場合でも下落の幅は限定的だと考えているので、売り目線でみるのはまだ早いと感じています。

60分足の75日移動平均線を下回って、形が崩れない限りは、買い目線で週明けの相場は望みたいと思っています。

週明けの相場も良いトレードができるように頑張りましょう!
それではまた来週!