経済を知る・わかる・がんばれる
知らないって損なんです。 だけど、新しい自分とも出会えます。
NEWS

週明けの相場見通し(12/7~)

1週間トレードお疲れ様でした!
今週の相場は、先週に比べて動きが大分落ち着いてきたのではないかなと思いました。
横に動くような相場だったので、大きな値幅を取ろうとするとうまくいかないような相場の展開だったのではないかなと個人的には思っています。

皆さんは、トレードの調子はいかがでしょうか。
うまく取れている人も、そうでない人も、今月で今年の運用はラストになりますので、年間のパフォーマンスを良い結果にできるように頑張っていきましょう!

それでは、今週の相場の振り返りと週明けの相場見通しについて紹介していこうと思います!
あくまで個人的な見解になりますので、参考程度にしてトレードは自己責任で御願い致します!

今週の相場振り返り

まず、先週の記事ではこのような展開を予想していました。

週明けの相場見通しとしては、下目線です。

理由としては、上昇トレンド継続の形をしており、上の強さが安定的な相場ではありますが、買いポジションを取るにはリスクが高いため、一旦天井の目処が決まり、レジスタンスラインが作られたところで、下落していくと考えているので、そこを狙いたいと考えているからです。

60分足では、27000という節目の価格帯にも近い事があり、大きなトレンドを止める価格帯として考えられる価格に迫っているため、一旦27000を天井に揉み合い、相場の方向が転換していくような展開を予想しています。

なので、
買いポジションを探すというより、相場の天井を見極めてから、相場のポジションをとっていくようなトレードをした方が賢明なのではないかと考えています。

といったように買い目線よりも売り目線を狙っていくような見解を持っていました。
実際の相場はどのような展開になったのかをみていきましょう!
以下の画像は、今週の相場の日足と60分足のチャート画像です。

上の画像を見てみると、27000の価格付近から相場が下落し、揉み合い横の相場になっていく展開の予想は合っていましたね。
やはり、27000という価格帯が意識されていて、そこを抜けるような買い材料が少々足りないといった感じでしょうか。

週明けの相場の注目点としては、27000の高値を目指して買われていくのか、または相場の方向が転換し、下落していくのか、、、といったところだと考えています。

来週の相場は、SQ週ということもあり、上下に揺られるような相場展開になり、上か下かを絞ってのトレードは難しそうな印象がありますが、どのような展開になっていくのかを予想していきます!

週明けの相場見通し(12/7~)

週明けの相場見通しとしては、26500〜27000の価格帯を上下に変動してもみ合うような相場展開になっていくと考えています。

理由としては、
27000の価格帯が一旦のレジスタンスラインと考えて、サポートラインはどこになるのかは今後の相場の展開次第になると思うのですが、26500などの節目の価格帯が意識される可能性は高いので、この範囲内で、相場が上下にもみ合うのではないかと考えているからです。

また、来週の相場は、SQ週ということもあり、相場が荒れる可能性も含んでいるので相場の方向が一定方向に動くような1週間というよりかは、上下に揺れてもみ合う形になるのではと思っています。

チャートの形状的には、上昇の形が強い相場ですが、下降の可能性も捨てきれない価格帯にいる事から、バイアスをかけすぎずにトレードをすることが大事になりそうです。

来週のトレードも利益が出るようお互い頑張りましょう!
それでは、また来週!