経済を知る・わかる・がんばれる
知らないって損なんです。 だけど、新しい自分とも出会えます。
NEWS

週明けの相場見通し(1/25~)

1週間トレードお疲れ様でした!
新年歳明けてから、3週目の相場が終わりましたね〜。
皆さんは順調に収益を上げていられていますでしょうか??
私は、割と順調に証拠金を増やせているので、まずまずといったところです。笑
去年もプラス収益だったので、今年は去年のプラス収益を上回れるように頑張りたいと思います。

さて、相場は上昇傾向が強い相場でしたが、今週の相場はどのような展開だったのかを振り返り週明けの相場の見通しを考えていきたいと思います。

今週の相場振り返り

まずは先週の記事では、以下のように今週の相場を予想していました。

週明けの相場見通しとしては、下目線で見ています。

理由としては、
・日足は調整が入る可能性があり。
・60分足は、75日移動平均線より下に推移しているため。
・15分足は、下降トレンドを形成する可能性があるため。

この3点から、週明けの相場は、下方向なのではないかと考えています。

以下の画像は、15分足のチャート画像です。

上の画像を見てみると、短期的な視点としては、前回の安値を更新し週明けの相場で28555よりも上に相場が推移せず、28135の安値を目指す、または抜けると下降トレンドが形成されます。

週明けの相場では、28555の価格帯に注目していきたいと思います。

60分足では、75MAの下にローソク足があり、上昇チャートパターンの形が少し怪しさを残しての引けのため、上の目線が若干弱くなったと見ています。
短期的な視点から、長期的には上昇の形をしていますが、調整の下げが日足では入るのではないかと考えているため、週明けの相場は下方向として、予想しています。

と言ったように、下方向に相場が向かっていくと考えていました。
実際の相場はどのような展開になっているのかを今週の相場の60分足と日足のチャート画像を見て振り返っていきましょう!
1枚目は、60分足、2枚目は日足のチャート画像になります。

画像を見ると、相場の方向性は大きくは偏らず横だったことがわかりますね!
前回予想していた調整は、一旦28000付近までで終わったと捉えた方が良さそうですね。

相場の方向性は横方向とはいえど、日によって大きく値幅を動かした日もあります。
28000円付近から28800付近まで上昇し、価格を戻していることから28000はサポートラインとして機能すると思うので、今後も注目ですね。。

さて、相場が上昇した要因は主に、
イエレン次期米財務長官が大規模な経済対策に前向きに取り組む姿勢を見せたことによる投資家の安心感が買い材料となったと思われます。

参考記事:日本経済新聞

28000円付近の価格帯に注目しつつ週明けの相場は見ていくとポジションを取りやすいかもしれないですね!

それでは、今後の相場がどのように展開していくのかを予想していきましょう!!

週明けの相場見通し(1/25~)

週明けの相場の見通しとしては、
28000〜28800付近の価格帯を徐々に収束していき、相場の方向性を固める展開になっていくと考えています。

週明けの相場で、買い材料になる情報か売り材料になる情報が入ってくるかによって投資家の心理に大きく関わってくるので、今後は相場の価格帯と収束具合を見ながらポジションを決めていくと値幅を狙いに行けると考えています。

日足のチャートパターンは上昇傾向で、未だ上昇に対して強い相場になっているので、基本はやや買い目線で考えていますが、29000円付近から価格が切り下がり始めているので、注意しながらポジションを取った方が良さそうです。

相場の方向性が不安定になり、戦いづらい相場にはなりそうですが、しっかり損切りを抑えポジションを取っていけば、利益を狙っていける相場だと思うので、頑張っていきましょう!!

それでは、また来週!