経済を知る・わかる・がんばれる
知らないって損なんです。 だけど、新しい自分とも出会えます。
NEWS

週明けの相場見通し(2/1~)

1週間トレードお疲れ様でした!
新年から1ヶ月が過ぎました。今週で、1月の相場は終わりとなりますが、月間の利益がプラス収支で皆さんは順調に運用を進められていますでしょうか?
週明けから2月の運用がスタートしますので、今年の運用益をより一層上げられるようにチャートの形状やパターン、ファンダメンタルなどに意識を傾けてトレードしていきましょう!

それでは、今週の相場振り返りと週明けの相場見通しに関して、個人的見解を述べていきたいと思いますので、ぜひ参考にしていただきたいです!

今週の相場振り返り

前回の記事での今週の相場予想と実際の相場を比較しながら振り返っていきたいと思います。

週明けの相場の見通しとしては、
28000〜28800付近の価格帯を徐々に収束していき、相場の方向性を固める展開になっていくと考えています。

週明けの相場で、買い材料になる情報か売り材料になる情報が入ってくるかによって投資家の心理に大きく関わってくるので、今後は相場の価格帯と収束具合を見ながらポジションを決めていくと値幅を狙いに行けると考えています。

日足のチャートパターンは上昇傾向で、未だ上昇に対して強い相場になっているので、基本はやや買い目線で考えていますが、29000円付近から価格が切り下がり始めているので、注意しながらポジションを取った方が良さそうです。

収束していく相場がどっちにいくのかを注目しながら戦っていくといったようなところが今週の相場の醍醐味だと思っていたわけですが、実際の相場はどのような展開になっていたのでしょうか。

今週の日足、60分足のチャート画像を見て、振り返っていきましょう!
以下の画像は、1枚目は60分足のチャート画像、2枚目は日足のチャート画像になります。

画像を見る限り今週は下方向相場が流れていく結果になりました。

下落した要因としては、
・収束相場が抜けたこと
・NYダウ先物、ゲームストップ株の急落により売りが優勢になったこと

が挙げられると考えています。

下のチャート画像は60分足で、前回の記事で引いていた収束のラインを下に抜けていることがわかります。
28500を抜けたあたりから、移動平均線よりも下にローソク足が推移し、十分売りの根拠としてエントリーできると思うので、ここで相場の利益を大きくとれた方が多いのではないでしょうか?

今週の60分足の引けを見る限り、未だ下降トレンドは継続中だと考えられますが、週明けの相場がどの値で寄り付き相場が変動するのかが注目ですね!

それでは、週明けの相場の見通しについても述べていきたいと思います!

週明けの相場見通し(2/1~)

週明けの相場見通しとしては、上目線で見ています。

理由としては、下降の目処が27500または、27000ほどで、そこからは上昇傾向になるのではないか。
と考えているためです。

相場の今のレンジとしては、下の画像のように27500から28500と見ています。

週明けは、28000の価格帯に注目してポジションどりを考えていこうと思っています。
日足のチャート画像では、いまだに上昇傾向の強い形は保たれているので、まだ上を目指す可能性は十分あると感じています。
さらに下落するのであれば、もう少し高値圏で揉み合いながら、下落していくと考えているので、今の段階では、27000を割るほどの下落は訪れないのではないかと考えています。

そのため、27500で下げ止まり、反発上昇してまた下がるか
27000まで下落するがそこから28000近辺まで価格が回復する予想を立てているので、状況にもよりますが、戻り売りを狙いすぎるのはあまり得策ではないかなと個人的には考えています。

以上が、週明けの相場見通しの見解になります。

それでは、週明けの相場も利益を取れるようお互い頑張っていきましょう!
また来週!